ペット

実際に使っているから分かる。本当に買って良かった、おすすめのペットカート!AirBuggy NESTを徹底レビュー

コーギー2匹とペットカート

エアバギー ネスト
ベビーカーメーカーが作る「ワンランク上」のペットカート

 

ペットカートの購入を検討されている方必見!

この記事では、我が家が実際に使ってみて、そのうえでみなさんに自信を持ってオススメできる、ペットカートをご紹介いたします。

この記事で紹介するペットカートの名前は、「エアバギー ネスト」(最新のモデルではNEST BIKE)。
実際に使っているからこそ分かる、使いご心地、良いところ悪いところをお伝えしたいと思います。

このような方にオススメ
・観光地やイベント会場など、ワンちゃんとお出かけしたい方。
・加齢や病気・怪我などで歩行困難なワンちゃんとの散歩に使用したい方。

 

 

Youtubeに我が家が「エアバギー  ネスト」を使用している時の動画をアップしています。動画の方が分かりやすいという方、参考にどうぞ!
【満足度200%】快適空間にニンマリするコーギー Welsh Corgi

 

我が家がペットカートを購入した経緯

我が家で飼っているコーギーは、48.4%という高確率で変性性脊髄症(DM)を患う可能性がある犬種です。

DMを発症すると自力での歩行が困難になります。そのため我が家では、コーギーを家族に迎え入れた当初から、将来的にペットカートの購入を視野に入れ、あらかじめネットなどで情報を収集していました。

そこで辿り着いたのが今回紹介するペットカートです。

ちばたく
ちばたく

人が多い場所や、ペットカートを使用すれば同伴可能な観光地に行く際にも使用しています!

我が家の使用環境

コーギー(中型犬)2匹。

モコ   10kg
フラン  10kg 

合計20kgで使用しています。

ペットカートに犬が2匹乗っているペットカートに乗っている犬の後ろ姿

 

AIRBUGGY エアバギーとは

東京都渋谷区に本社を構える、株式会社GMPインターナショナルが製造・販売している国産の3輪ベビーカーです。

芸能人でも愛用している方が多く、3輪で小回りがきき、走行性も高く、デザインもオシャレな人気の商品です。

その中のペット用ラインナップが「AIR BUGGY FOR PET」になります。

 

エアバギー ネストの基本情報・スペック

 

適応サイズ
中型多頭・大型

耐荷重
45kg

サイズ(使用時)
高さ101㎝×幅79㎝×奥行115㎝

サイズ(折りたたみ時)
高さ19㎝×奥行90㎝

本体重量
12.4kg

標準装備
リストストラップ
エアポンプ

フットブレーキ付き

 

6年間実際に使用してみて

良かったところ

走行性能がバツグン

・三輪構造のため、大型ながらとても小回りがきく。

・重心が低いので、体重のある大型犬を乗せても不安定になりにくい。

・前輪と後輪両方に自転車のタイヤメーカーとしても有名な「KENDA」製のエアタイヤを採用。砂利道や振動の激しい路面でも衝撃を吸収してくれる。

ペットカートの前輪部分

ペットカートの後輪部分

 

ちばたく
ちばたく

タイヤが劣化してきたら、メーカーHPから専用タイヤを購入可能だよ!

快適な居住性

ワンちゃんを乗せるコット部分は、前後左右にメッシュがあるので通気性バツグン。暑い日でも効率よく風を取り込む事ができます。

ペットカートの出入り口部分

 

 

 

 

 

安全を考えられた設計

・コット内部にワンちゃんをつないでおけるリードが2つ装備されていて、不意の飛び出しなどを防止できる。

ペットカートの内部

 

 

 

 

 

・フットブレーキがついているので、乗り降りの際も安心。カートが勝手に自走しない。

ペットカートのブレーキ部分

 

 

 

 

 

・フロント、リア、両サイドにリフレクターがついているので、夜間での視認性もバッチリ。

ペットカートの前面部 ペットカートの背面部

 

 

 

 

持ち運び・収納

折りたたむと、厚さ19㎝のコンパクトサイズに。自宅での収納や、車での移動が楽チン。

折りたたまれたペットカート(出典:AIRBUGGY

 

少し注意が必要なところ

中型犬(体が大きめ)の多頭飼いの方は注意が必要!

体が大きめの中型犬を飼っていらっしゃる方はスペース的に2匹同乗は厳しいかもしれません。
心配な方は、購入前に実際に見てみてサイズを測ってからの購入をオススメします。

↓我が家のコーギー2匹合計20kgです!参考までにどうぞ。

ペットカートに犬が2匹乗っている

階段や持ち運びが大変

本体重量が12.4kgと少々重たいため、女性の方などは階段などの持ち運びは少々大変かもしれません。

 

補足情報

メーカーサイトからスペアのタイヤとチューブを購入する際は、前輪と後輪のサイズが違うので注意しましょう。

専用の空気入れは付属してきますが、別売の空気入れを使用する際は「米国式」対応のものを使用しましょう。

便利なオプションパーツも多数!!

ネスト用高反発マット

体圧分散に優れた高反発のクッション。中材、カバーどちらも手洗い可能。

ペットカート用マットレス(出典:AIRBUGGY

 

ネスト用レインカバー

雨の日のお散歩や、寒い日の防寒にもオススメ。マジックテープで固定するだけなので、急な雨でも慌てる事なく簡単に取り付ける事ができる。

ペットカート用レインカバー

(出典:AIRBUGGY

 

NEST BIKE TOWBER

自転車と接続することによって、サイクルトレーラーとして使用するためのジョイントパーツ。
愛犬とサイクリングを楽しむ事ができます。

サイクルトレーラー

(出典:AIRBUGGY

 

 

まとめ

我が家では、AirBuggy NESTを購入してから約6年ほど経過しましたが、特に故障もなく現役バリバリで活躍しています。

値段は少々お高いですが、大切な家族を乗せるカートなので、妥協はせず品質の良いものを購入しましょう。

この先もしも、壊れしまうようなことがあっても、またAirBuggyのペットカートを購入します。そのくらい自信を持ってみなさんにオススメできるペットカートです。

 

それではみなさん、愛犬と素敵な生活を!

 

 

ブログランキング参加中

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
↓↓↓
 

この記事を書いた人
ちばたく

岩手在住アラサーメタボリック会社員。
30代になって初めてブログに挑戦。
毎日、試行錯誤&勉強しながら運営中。
最近は物欲がとまらなく、「これ買っていい?」「ブログでレビューかけるから!」と半分詐欺まがいのようなプレゼンで妻を説得。
もちろん家計は火の車。
数年前から、妻と愛犬のコーギー(2匹)とのキャンプにハマり、最近では登山やクロスバイクにもハマり中…。
Youtubeチャンネル「もこふらん」では、主に愛犬の動画をメインに配信しています。

ちばたくをフォローする
ちばたくをフォローする
我が家のLifelog

コメント

タイトルとURLをコピーしました