パソコン ライフスタイル

【2020最新】JINS・Zoffのブルーライトカットレンズが追加料金0円!早い者勝ち

ブルーライトから眼をまもろう!メガネ以外の対策方法も教えます!

テレワークや外出自粛に伴い、家にこもって〝テレビ〟〝スマホ〟〝パソコン〟を見る時間がいつもより増えていませんか?

そんなあなたに朗報です!

今なら、人気メガネブランドJINSZoffのブルーライトカットレンズがオンラインショップ限定で、なんと追加料金0円で購入できます!

ちばたく
ちばたく

おい!すみさん!

ブルーライトカットレンズが追加料金0円で買えるぞぃ!

すみさん
すみさん

こいつぁヤベェな!

買うぞ!

わたくし、ちばたくもブログの執筆や動画編集で長時間PCを使用していて、目の疲れや極度の肩こりにずいぶん悩まされていました。
そんな中、上記のキャンペーンを発見した時はソッコーで買うしかねぇ‼︎ってなりましたね(笑)

記事の後半で、実際に私たち夫婦が購入したメガネの紹介もあります。

JINS

【テレワーク応援】ということで、あのJINSが…いやJINSさんがオンラインショップ限定でブルーライトカットオプションレンズ〝JINS SCREEN〟【5000円+税】が今だけ無料!(度付き対応可能)販売しています。

※フレーム代は別料金です。

開始期間:2020年4月9日10:00~
※先着順30,000名様限定、予定数に達し次第終了

急げ!

大好評で、発送までに30営業日ほどかかるみたいです。
有料のオプションレンズが無料なので、文句を言わず待ちましょう(笑)

詳細はJINSのHPで

JINS

Zoff

なななんと!
Zoff…いやZoffさんでもブルーライトカットレンズが追加料金0円で購入できます!

ありがたや…ありがたやぁ〜

2020.4.29 START 

ブルーライトカットを追加料金0円へと価格改定します。

※フレーム代は別料金。度付き対応可能。

コチラは終了時期の記載は今のところナシ!
価格改定とのことなので、今後もこの値段で買えそう!

以下、Zoffさんからのありがたいお言葉。

スマホやPCなどブルーライトへの接触時間が増加する傾向にあるなかで、ブルーライトカットコートを標準装備することで、この問題に向き合っていきます。
ちばたく
ちばたく

いやぁ〜マジ神対応!

詳細はZoffのHPで

私たちZoffで購入しました

JINSZoff両方のHPを見て検討しましたが、私たち夫婦はZoffでブルーライトカットメガネを購入しました。

ブルーライトカットレンズが追加料金0円で購入できるだけあって、どちらのオンラインショップも売り切れの商品が多数ありました。

欲しい方は、早めの購入をオススメします!

ちばたく
ちばたく

購入したメガネはコチラ

CLASSIC (クラシック)商品番号:

ZA181043-14C1

フレームカラー:

ブラック

価格:

¥4,400(税込)

CLASSIC (クラシック)商品番号:

ZH201003-49A1

フレームカラー:

ブラウン

価格:

¥5,500(税込)

上記の2つで合計¥9,900(税込)のはずが、2点上お買い上げで10%OFFキャンペーン割引も適用され

合計¥8,910(税込)で購入できました。

夫婦2人とも目が悪いので、度付きレンズで注文しました。

すみさん
すみさん

ブルーライトカットメガネを2つ買ってこの値段!

家計にも優しい!

そもそもブルーライトとは?

文字通り青色光のことで、人の目で見ることのできる光(可視光線)の中で380〜500nmナノメートルの短くて強いエネルギーを持っています。

実は太陽からもブルーライトは放出されているんです。
また、スマートフォンの普及などにより私生活の中でブルーライトを浴びる機会が増えたことで、ここ数年で特に話題になっています。

ブルーライトは、〝スマホ〟〝パソコン〟〝テレビ〟〝照明〟などのLED(発光ダイオード)が使われている製品から放出されていて、肌へのダメージ、視力の低下、睡眠の質の低下など、人体にさまざまな影響があるとされています。

〝ブルーライト研究会〟さんのサイトがとても詳しく説明されているので、気になる方はチェックしてみてください。

ブルーライトとは | ブルーライト研究会
人々の健康と密接な関わりを持ちつつあるブルーライトの人体への影響を医学的に検証することを目的に、ブルーライト研究会が設立されました。ブルーライトに関する、情報、研究結果、活動記録などをこのサイトで公開していこうと考えています。

メガネ以外のブルーライト対策

ブルーライトカットアプリを利用しよう

スマートフォン用のアプリにブルーライトをカットしてくれるアプリがたくさんあります。色々試して、自分好みのものを使用しましょう。

iPhoneを使用している人は標準機能のNight Shiftナイトシフトを利用するのもいいかもしれません。

iPhoneの設定画面

設定した時間に自動でオン・オフしてブルーライトをカットしてくれます。

ブルーライトカットの液晶保護フィルムを使おう

スマホやパソコンの液晶保護フィルムにブルーライトカット機能が搭載されたものが販売されています。

機種名 ブルーライトカット 液晶保護フィルム
検索
みたいな感じに検索すればOK!

適度な休憩も大事

厚生労働省のガイドラインには、1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る。が推奨されています。

まとめ

スマホやPCと行ったデジタル機器を中心とした暮らしのなかで、それぞれが適切なブルーライト対策をし、健康で快適な生活を送っていきましょう!

ブログランキング参加中

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
↓↓↓
 

この記事を書いた人
ちばたく

岩手在住アラサーメタボリック会社員。
30代になって初めてブログに挑戦。
毎日、試行錯誤&勉強しながら運営中。
最近は物欲がとまらなく、「これ買っていい?」「ブログでレビューかけるから!」と半分詐欺まがいのようなプレゼンで妻を説得。
もちろん家計は火の車。
数年前から、妻と愛犬のコーギー(2匹)とのキャンプにハマり、最近では登山やクロスバイクにもハマり中…。
Youtubeチャンネル「もこふらん」では、主に愛犬の動画をメインに配信しています。

フォローする
フォローする
我が家のLifelog

コメント

タイトルとURLをコピーしました