キャンプ アウトドア

キャンプがもっと楽しくなる!いま流行りのおしゃれケトルの選び方。

キャンプで温かい飲み物を楽しむために、ひとつは持っておきたいケトル。
「お湯を沸かすだけなら鍋でもできるじゃん」と思うでしょう。しかし鍋ではお湯を繊細に注ぐことができません。ドリップ式コーヒーなどは注ぎ口が付いたケトルが好ましいです。
今回は、キャンプで使えるケトルの種類や選び方のポイント、おしゃれなおすすめアイテムを紹介します。

ケトルの種類

すみさん
すみさん

3種類あったよ!

やかんタイプ

底面が広いのが特徴。バーナーなどの火が満遍なく底にあたるので、お湯が沸くのが早い。
軽量のものも多いので、登山やトレッキングにもおすすめ。

縦長タイプ

側面に取っ手が付いていて、中身が重くても扱いやすい。
お洒落なデザインが多いのがこのタイプ。

寸胴タイプ

クッカーに注ぎ口と蓋がついたタイプ。調理にも使用できる。
たっぷりお湯を沸かすことができるため、ファミリーキャンプにおすすめ。

ケトルの素材

ステンレス

熱や衝撃に強く、丈夫な作り。錆びにくく、なおかつ汚れを落としやすい。

熱伝導率が良い。アンティーク風のお洒落なルックスで経年劣化も楽しめる素材。
ただし高価。

アルミ

ステンレスや銅に比べて耐久性は劣る。その代わりとても軽い。
熱伝導率は良いが、焚き火の火力には向いていないので、バーナーでの使用におすすめ。

ホーロー

保温力抜群、錆びに強い。その反面、衝撃や急な加熱に弱く、割れてしまうことも。

すみさん
すみさん

プラスチックパーツがついているケトルは、パーツ部分に直接火に当たると溶けて変形しちゃうから注意が必要だよ!

ケトルの容量の目安

コーヒーなどのドリンクで使用する場合

1人あたり120ml~150ml

カップ麺などで使用する場合

1人あたり350ml~500ml

大体の目安はこのくらい。

おすすめケトル

やかんタイプ

ステンレス製

イーグルプロダクツ キャンプファイヤーケトル

【サイズ展開:0.7L / 1.5L / 4.0L

OPA マリ ステンレス ケトル 0.5L

アルミ製

トランギア オープンファイアケトル 0.9L

ユニフレーム  山ケトル 0.9L

縦長タイプ

ステンレス製

スノーピーク クラッシックケトル 1.8L

銅製

ファイヤーサイド グランマーコッパーケトル【3.2L / 5.4L】

アルミ製

ペトロマックス ファイヤーケトルFK1

ホーロー製

ペトロマックス ニューパーコマックス 1.5L

寸胴タイプ

ステンレス製

スノーピーク  ケトル No1  0.9L

ハイランダー  焚火ケトル 2.5L

まとめ

我が家ではペトロマックスのニューパーコマックス(BLACK)に決定。もともとはパーコレーターで、コーヒーを抽出できる代物。中のコーヒー豆を入れるバスケットを取り除いて、ケトルとして使用しています。いつかパーコレーターとして本来の使い方をしてみようかな☺︎

頑丈で手入れしやすいモノを求めるなら、ステンレス素材のケトルが理想。おしゃれなデザインのケトルで、アウトドアだけでなく自宅でも使ってみてはいかがでしょうか?

ケトルと一緒に使いたい、耐熱グローブはこちら☟

キャンプの快適さがぐんっ!と上がる【耐熱グローブ】のススメ
ないときっと後悔する【キャンプグローブ】最近人気のダッチオーブンやスキレットなど、熱くて触れないものもラクラク触れちゃう魔法の手袋!お気に入りのグローブをキャンプギアの一員にしませんか?
ブログランキング参加中

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
↓↓↓
 

この記事を書いた人
すみさん

ちばたくの妻。兼業主婦。
趣味:寝ること、海外ドラマ鑑賞、最近はクロスバイクにはまりかけ。
おもに家事に関する記事を主婦目線で執筆します。

フォローする
フォローする
我が家のLifelog

コメント

タイトルとURLをコピーしました