アルカスイス互換のクイックシューで家中の三脚とカメラを統一したら、マジで便利すぎた!

こんちは!ちばたくです。

少し前に、家中の三脚とカメラをアルカスイス互換のクイックシューで統一しました。
そしたら、三脚にカメラを着脱する作業が大幅に簡略化され、チョー便利!

もっと早くに導入しておけばよかった…。

私が購入した商品はコチラ☟

Amazonで購入。きっと中華製。
値段は安くて良いのだけれど、中華製ってだけで正直なところ品質が少し心配だった。

だが、実際に商品が届き使用してみた感じ…全然問題なし!いや、むしろ良い!

高強度のアルミ合金が採用されており、強度も問題なし。

そんな、「UTEBITアルカスイス適応クイックリリースプレートセット」を紹介していきます。

アルカスイス(ARCA-SWISS)とは

アルカスイス(ARCA-SWISS)とはスイスで創業したカメラメーカーの名前です。
今では、アルカスイス社がレールを安定してマウントさせるために開発したアルカスイス雲台をさまざまなメーカーが模倣し、アルカスイス互換の製品を販売しています。

注意
アルカスイス規格は存在しない!明確なサイズが規格化されているわけではない。各社が似たような互換品を作っただけなので、同じアルカスイス互換品のクランプとプレートでもメーカーが異なる物を使用する場合は自己責任。
 
MEMO
アルカスイス互換のクランプとシューはできるだけ同じメーカーのものを使用するようにしましょう。

UTEBITアルカスイス適応クイックリリースプレートセット

けっこう簡易的な梱包で到着。さすが中華クオリティ(笑)

中身はこんな感じ

UTEBITの付属品
  • クランプ
  • プレート
  • ネジ類
  • 工具

クランプ

表側

クランプの表側

裏側

クランプの裏側

クランプには水平を測る水準器が全部で3個ついているので、ひと目で水平がわかるようになっています。

クランプの水準器部分

プレート

プレートの表側と裏側

表側には滑り止めのゴムがついている。

プレートだけの販売もあり

プレートだけの販売もしているので、所有するカメラが増えても安心!

 

使い方

三脚のネジにクランプを取り付ける。

クランプと三脚の接続部分

カメラにプレートを取り付ける

カメラにプレートを装着

プレートを取り付けたカメラをクランプにのせ、調整ノブを締める。

クランプの構造

完成!

三脚にカメラを取り付けた様子

上の画像で使用してる三脚はこちら☟

所有する全てのカメラと三脚を
UTEBITのクイックリリースシステムで統一

持っている全てのカメラと三脚をUTEBITのクイックリリースシステムで統一してみた。

3つの三脚

GoProでも使用可能

ゴープロにプレートを装着

GoPro用三脚マウントアダプタを使用すれば、GoProにもクイックリリースプレートを装着できる。

私が使用しているGoPro用三脚マウントアダプタはコチラ☟

撮影照明でも使用可能

別の記事で紹介した撮影照明【MOMAN 96LEDビデオライト】の1/4ネジ穴にクイックリリースプレートを装着して、三脚で使用する際スムーズに脱着できるようにしている。

MOMAN96LEDビデオライト YouTubeやSNSの撮影に使える、おすすめのLED撮影照明。【MOMAN 96LEDビデオライト】

スマホでも使用可能

1/4ネジ穴があるスマホホルダーを使用することによって、スマホにもクイックリリースプレートを装着することができる。

おすすめのスマホホルダー☟

このマンフロットのスマホホルダーは底面と側面に1/4ネジ穴があるので、スマホを縦・横どちらでも使用できる。

他メーカーのアルカスイス互換製品との相性

私が今現在メインで使用してるSONYのα6600にはPeakDesignのキャプチャーV3のプレートを装着しています。

ピークデザインのクイックリリースプレート

かなり人気の商品なので、使用している人も多いのではないでしょうか?

そんな、PeakDesignのクイックリリースプレートUTEBITのクランプの相性ですが、問題なく使用できます。

 

UTEBITアルカスイス適応クイックリリースプレートセットのまとめ

所有する全てのカメラと三脚を、アルカスイス互換のクイックリリースシステムにすることによって、カメラを三脚に取り付ける手間が大幅に軽減され、違う三脚にカメラを付け替える際も、スムーズかつスピーディになった。

三脚やカメラを複数所持している人には特におすすめ!カメラの運用がマジで便利になります。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA