xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2Basic レビュー|3,990円のコスパ最強イヤホン

こんにちは、ちばたくです。

最近、AirPodsのバッテリーの減りが異常に早くなってきたので買い替えを検討していました。今までにAirPodsをかれこれ3台ほど購入してきましたが、次もAirPodsを購入しようか迷っています。私が使用している一番安いモデルでも17,800円(税別)。

いくら高いワイヤレスイヤホンを購入しても、1年も使い続ければ少なからずバッテリーがヘタってきてしまう。そのたびに買い換えるのは正直高すぎます…。

もう少し安くて良いイヤホンはないものかと探していたところ、値段もお手頃な丁度いいイヤホンを発見。

そんなわけで、今回わたしが購入したイヤホンは、2021年1月8日にXiaomiから発売された「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」です。

今まで使っていたAirPodsとの比較や、実際に使ってみて感じた良かったところ、残念だったところ、どんな人におすすめか?など詳しく紹介していきたいと思います。

Mi完全ワイヤレスイヤホン2Basicのスペック・外観・付属品

【Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic】スペック

接続タイプ完全ワイヤレス(左右分離型)
タイプインナーイヤー型
ドライバサイズ14.2mm
充電端子USB Type-C
BluetoothVer.5.0
連続再生時間約5時間
充電時間1.5時間
対応コーデックSBC・AAC
付属品
  • イヤホン
  • 充電ケース
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書

サイズはAirPodsより少し大きい位。厚みもほぼ同じ程度です。

重さはイヤホンをケースに入れた状態で49gでした。AirPodsの重さが44gなので、「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」のほうが少し重いですが、手で持っても全然わかりません(笑)

充電ケースはツヤ無しのホワイト。正面にLEDランプがついておりバッテリーの残量などを知らせてくれます。

ケースのフタはしっかりと自力で開いた状態を保持してくれ、閉めるときにはAirPodsと同様に「パチッ」と勝手に閉まってくれます。

ケースのフタは程よい力加減(マグネット)で閉まっているため、バッグなどに入れて持ち運んでも勝手にフタが開いてしまう心配はなさそうです。

イヤホンの内側に「R」「L」の印字があるので、装着する時やケースにしまう時に間違える心配がありません。

Mi完全ワイヤレスイヤホン2Basicを使ってみた感想

つけ心地(装着感)

Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」はAirPodsと同様にインナーイヤー型です。耳に長時間つけていても痛くなるようなことはありませんでした。

イヤホンをつけた状態で頭を軽くふってみたりしましたが、外れることなくしっかりと耳にはまったままの状態でいてくれます。

イヤホンのサイズはXiaomiの「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」のほうが少し太く、極太うどんといった感じです(笑)

AirPodsに比べて形状も少々角ばっており、サイズ的にちょっと目立つかも?

音質

14.2mmの大型ダイナミックドライバーを搭載しているようですが、低音が弱く迫力に欠けます。全体的にシャカシャカとした軽めの印象をうけました。音質だけで言えば断然AirPodsが上です。価格差を考えれば当たり前なのかもしれませんが、そこまで音質にこだわりがない人であれば全然使えるレベルだと思います。

私の場合は、音楽を聞くというより通話がメインです。“デュアルマイクノイズキャンセリング機能”を搭載しているので、AirPodsと遜色ないくらいのクリアな音声通話ができました。

良かったところ

まず、コストパフォーマンスが圧倒的に良いです。約4千円という低価格で、タップ操作、自動耳検出、通話中のノイズキャンセル、片耳モードといった十分な機能を備えています。イヤホンは消耗品です。バッテリーがヘタってきたり、紛失してしまったりしても買い替えやすい値段なのが嬉しいです。

充電端子がUSB-Cなのも地味にポイントが高いです。いまだにLightningやMicroUSBの製品が多いですが、これからはほとんどの製品がUSB-Cに統一されていくことでしょう。

残念だったところ

ケースとイヤホンにバッテリー残量を知らせるLEDがそれぞれついているのですが、白色点灯で光量もそれほど強くないため、昼間の屋外ではかなり確認しづらいです。

また、AirPodsの用に詳細なバッテリー残量が確認できません。

私が使用しているiPhone Xsでは、AirPodsの場合ケースとイヤホンそれぞれのバッテー残量が確認できますが、「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」はそこまで詳細なバッテリー残量が確認できませんでした。

ほかにも、イヤホン装着時に音声アシスタント(Siri)をを呼び出すためには、左耳のイヤホンをダブルタップする必要があります。なので片耳モード(右耳のみ装着)の状態では音声アシスタントを呼び出すことは出来ません。

Mi完全ワイヤレスイヤホン2Basicはどんな人におすすめ?

Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basicはこんな人におすすめ

音質にそこまでこだわらない人
イヤホンの使用用途が通話メインの人
低価格でコスパが良いワイヤレスイヤホンが欲しい人

使用用途のほとんどが音楽再生で、なおかつ高音質で聴きたいという人はAirPods Proなどの高級ワイヤレスイヤホンをオススメします。

Mi完全ワイヤレスイヤホン2Basicのまとめ

Xiaomiのワイヤレスイヤホンを使用するのは今回が初めてだったのですが、あまりにも値段が安いので正直使い物にならないのではないか?と心配していました。ですが、「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」は私が想像していたものとは違い、音楽再生も通話も問題なく、必要十分な機能を備えたとてもコスパの良いワイヤレスイヤホンでした。

次またイヤホンを購入するときはXiaomiのイヤホンを購入しようと思います。

それではまた!ちばたくでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA